2014年6月 のアーカイブ

2014年6月17日 火曜日

目の前にある○○を全力で!

ワールドカップも始まり、世界中が熱狂に包まれている最中、俺はとある県リーグのチームに所属し、リーグ戦に参戦していたりする。

そのチームはRKC。


R.K.CLASSIC
岡山社会人サッカー連盟


そこには、かつてファジアーノの礎となってくれた選手達が多く在籍している。
そして彼らは、今なお県リーグの舞台で戦っている。

元ファジの選手達と志の高い若者達が融合し、県リーグでは優勝を争うほどのクラブなんだ。

きっかけは、毎年の様に行われているファジの選手OB会で、俺の冗談の一言から始まった。

その流れのままユニフォームを作る事になり、あげく選手登録までしてしまった。

まさに、自分自身、始末におえん…


はじめてベンチ入りした春先の天皇杯県予選を皮切りに、県リーグの試合にも帯同するようになった。

先日は首位チームとの試合(4-0で快勝!)でもベンチに入り、勝利のために汗を流した!(給水係や球拾いとして!!)

汗を流したって程のもんじゃ無いかもだけど、不規則な生活を繰り返し、太陽の下で働いていない俺にとっては、結構なもんだったりするのが現実。


どうしてそこへ行くのか?

疑問もあるだろうが「素直にそこに行きたいから」シンプルにそれだけだったりする。

仕事の関係で、なかなかファジの試合に行ける日が無かったりするのもあるし、世代交代を含め、若手に頑張って貰わなきゃ的な事もあり、とにかく色んなタイミングが重なり今があるんだと思ってる。

自分でも理解し難く、どうして俺が彼等と同じユニフォームを着ているのかが、未だに納得出来ていない部分もあるんだけど、前述したとおり、今この瞬間がタイミングなんだと思う。


そう納得している。
試合会場と言うと、普段ファジアーノで行っている様な環境などあらず、厳しい環境の中、県内のフットボーラー達は戦っている。

その辺は、俺も若い頃に草サッカーをやっていたし、納得出来ていたりはする。

だけど、もう少し良い環境でサッカーをして欲しいと切実に思う。

JリーグやJFLや地域リーグじゃなくても、芝の上でplayして欲しいと思う。

そういう想いも重なり、タイミングとなってるんじゃないかと思う。

県内、芝でサッカーが出来る場所がどれだけ在るだろうか?


子供たちにも、完璧までとは言わないが、整った環境でサッカーをして欲しいなと強く、そう、強く思う。


「思う」
だけじゃ前には進まないのも承知。
だからこれから何かしらのアクションを起こして行くんだろうな、俺という人は…


RKCの試合もそうだけど、県内には沢山のチームがあり、カテゴリーは違えど面白いサッカーチームは無数にある。

もっともっと脚光を浴びてもいいよな。

メンバーとなり、以前にも増してそんな事を思う。

今まで見えなかった物が見え、見るだけじゃなく「どうにかしよう!」そんな風に思えたりする。