2013年8月 のアーカイブ

2013年8月15日 木曜日

どんな時も俺たちがいる

そりゃ誰しも勝った方が嬉しいに決まってるし、なんやかんやで街も人も、そして心も潤うと思う。


でもさ、「勝利」を目標地点にすんじゃなく、勝利は通過点にして行けたらと強く思う。


そこには色んな夢や希望もあるだろうし、夢は見るもんじゃなく叶えるもんだと思うしさ。


とは言え、現実は厳しいもので、もどかしさの中、時は流れている。


俺たちが悔しい思いをするよりも、遥かに選手は悔しい思いをしているはずだ。


あと少し、ほんとあと少しなんだよ!


その、「あと少し」は、俺たちサポーターの力だと思う。




苦しい時こそ、声や手拍子で選手の背中を押そう!
それが声や手拍子じゃなくてもいい。
歓声やため息など、スタジアムでホームの空気を創ればいい。


勿論、スタジアムに足を運ぶだけでもいい。
さらに、都合で試合に来れなくてもいい。
経過や結果、気にかける事もそう、何かに繋がるはずだ。




今一度、昔を思い出して欲しい。
3度目で勝ち上がった地域リーグ決勝大会。
あの激闘の熊谷を…




1年で駆け上がったJFL。
富山での歓喜を…




J2に昇格し、初年度、幾度となく負け続けてたかを…




苦しい苦しい時を経て今がある。


「勝てないから行かないや」
「行っても負けるだけだし」
そんな言葉を耳にする事がある。


だから現状から目を背けず向き合い、俺たちサポーターの力で選手の背中を押そう!




次節のヴェルディ戦、みんなで一つになり、最後まで誇り見せようや!




みんなの持てるチカラ、貸してくれませんか?






俺たちのすべてはファジアーノ
どんな時も俺たちがいる
みんなで声出し ひとつになったら
最後まで誇り見せるぜ…






負けても負けても、何度負けても負けたって、喉をからし叫び続けたチャント。
それがアレアレオー。


今と状況や環境は違うが、ここでもう一度、振り返り、みんなで立ち向かって行けたらと思っています。






最後にもう一度、力を貸してください。


たとえどんな事があろうとも、俺たちのチームはファジアーノ。


日曜日も宜しくお願いします。










岡本透