2016年2月24日

勝利後のラインダンスからの移行について

みんなが待ち望んだ新しいシーズン!
2016シーズン開幕、その新しい旅がいよいよ始まります。

昨年、果たせなかったこと(夢)を、今年はより多くの「人」でつかみ取りに行けたら・・・
誰もがそう思っていると思います。

それは選手も同様で、いや、我々サポーターよりも、その気持ちは強いはず。
何かもう少し、スタジアムで一体感を出せないか?

そう考えていた矢先、クラブのフロントを通じて選手会から一つの提案がありました。

それは、「試合後の勝利をスタジアム全体で喜ぶ形を作れないか」というものでした。
サポーターと選手が共に戦って勝ち取った勝利を、
スタジアム全体で共有したいとの選手の想いからの発案でした。
選手の思い描くイメージは、海外のクラブで行われている勝利の決まりごとで、
選手とサポーターが、一緒に喜ぶ形でした。

この選手の提案をベースにクラブスタッフと話し合い、
最終的に選手会と意見交換をして想いを共有することができました。
試合後の勝利をスタジアム全体で喜ぶ新しい形を創りたい。
そう思い願っています。

今まで、一緒に喜んだラインダンスには想いがあります。
そして歴史もあります。
だから、ここで一歩、更に一歩踏み出すにあたり、
今シーズンも一緒に戦う選手たちが提案をしてくれたことを大事にし、実現させたい。
そう強く思い考えています。

challenge1の2シーズン目となる今年。
更なる後押しで、選手と共に勝利の喜びを分かち合おう!

そして、新たな歴史に向け、胸に心に、選手のこの想いを感じよう!
「オカヤマココロヒトツニ」
それが今回のお知らせとなります。
長々となりましたが、これからもより一層の努力を素に、
みんなで創るスタジアムを目指し、頑張って行こう!




勝利の後の一体感とは?
もちろん試合でのぶっつけ本番になります。
何事でもそうですが、やり続けることで本物になる、なれる。
以下を読んでもらい、流れを頭に入れておいていただければありがたいです。


[これからの流れ]


選手が横一列に整列(10番ゲート前)

選手(キャプテン)が手拍子(スタジアム全体が一つになるまで手拍子)

(手拍子がそろい)選手は手をつなぎ、サポーターと一緒に5回万歳

選手の万歳に合わせて、掛け声も同時に5回おこなう

(オー!オー!オー!オー!オー!)

(5回の万歳の後)

少しためを作りながら、オーーーーー、オィ!(皆でジャンプ!)
 


以上、宜しくお願いします。
サポーター代表   岡本 透

コメントは受け付けていません。