2014年4月11日

みんなの気持ち

前回の記事でも書きましたが、今回のアウェイ東京ヴェルディ戦では、聖地・国立競技場のゴール裏に陣取ることとなります。


そして、みなさんご存知のように、国立競技場は改修工事の為、残り数試合を行うのみとなっています。


さらば!国立競技場!


その想いと共に、みんなの気持ちをひとつにする手段として、ビッグフラッグを展開します!




なお、展開にあたって、ヴェルディスタッフの皆様が快く受け入れてくださったことを、この場を借りてみなさんにお知らせします。


言うまでもなく、ヴェルディの方々も国立には格別の想いを持たれています。


つまり、冒頭のみんなの気持ちというのは、今回、本当の意味で「みんなの」気持ちであり、ファジアーノサポーターを代表して、心からお礼を申し上げます。


愛するクラブ、愛する街を持つサポーターとして、お互いに試合を、これからのJリーグを盛り上げて行ければと思っています。


天候も気になりますが、頂いた気持ちに応えられるよう、みんなで力を合わせて展開したいと思います。


どうぞ宜しくお願いします。




ファジアーノ岡山サポーター代表


岡本 透









コメントは受け付けていません。