2012年11月6日

【募金活動】御礼と経過報告 その4(最終)

9月17日におこなわれた『福島の子どもたちにサッカーボールを贈ろう!』と題しての募金活動について、
経過報告の第4弾(最終)となります。

 

11月3日のサッカー教室において、相馬地区、双葉地区の子どもたちへボールが贈呈されました。
また、その際に小林康剛、小野雄平、キムグァンミ ンの3選手が、プレゼンターとして参加してくれました。

福島ユナイテッドのホームページにも、その様子がアップされています。
http://bit.ly/RBYxwt

 

何より、子どもたちの笑顔を嬉しく思います。
言うまでもなく、被災地はいまだ大変な状況ですが、この日ばかりは嬉しくて、ボールを抱いて寝てくれた子もたくさんいたのかな、なんて考えていま す。

今回のプロジェクトはこれで終了となりますが、皆様の想いやお心遣い、そして
クラブの礎となってくれた方々とのご縁に、心から感謝します。

 

そして、サッカーを通じ、岡山を通じ、「目に見えない絆」をひとつの形にするための活動を、これからもドンドン続けていきたいと思っています。

次もまたその次も、どうぞ皆様のチカラを貸してください。

ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

ファジアーノ岡山サポーター代表
岡本 透

 

 

コメントは受け付けていません。