2012年6月12日

CURVA ROSA(4)

2006年を迎え、俺たちがやっていた草サッカーリーグ選抜チームVSファジアーノという、非公式のドリームマッチが開催された。今からしてみれば考えられない事だ。その日の為に炊き出しの準備に追われる日々(笑)

冬の風が吹き荒れる河川敷のグランドで、ひっそりと非公式マッチのキックオフの笛が鳴った。

結果は10-0の大完封負け!

当時、ファジアーノの存在を遠く上から見ていた人も居ただろうけど、これが実力の差だな。ドリブルで誰も寄せ付けない藤井一昌。ゴール前まで行き、自軍までドリブルで帰る福森慎太郎。「どうだい!これが俺のファジアーノだぜ!」と、心の中で言ってたっけ。試合が終わり、一昌の挨拶で非公式マッチは終った。その後、皆で豚汁を食べ、昨年の悔しい思いや、今期に繋がる話をした。皆が帰ったあと、音声ファイルの録音をノイズだらけの河川敷で行った。当初FORZAにUPされていたのがそうだ。

何かやらなけりゃ!何かやらなけりゃ!そんな思いで日々を過ごしていた。

2月に熊本で行われた西日本社会人大会で、初代ROSA断幕が披露された。思い立って発注から1週間で作成して貰い、業者の方にえらい迷惑を掛けた事は今でも忘れていない。それまでの手作り感満載のやっつけ横断幕と違い、特殊な素材で持ち運びもしやすく、色もセクシーマッドブラック(つや消し黒)に仕上げられた15MのROSA断幕。俺達はそれを熊本のKKウイング補助へと運び、誇らしげに拡げた。

数日後、イオン倉敷でビラ配りをさせて頂く話になり、不安と期待の中イオン倉敷の出入り口で当時のNPO、ファンクラブ会員の申込書のビラを配った。なにやら怪しい集団がビラを配っている様に見えただろう。殆どの人が首をかしげる中、真剣に話を聞いてくださる方も居られ、あっという間に終わりの時間が来た。成果があったかどうかは分からない。ただ言えることは、立ち止まっていては何も始まらないし変わらない。ファジアーノのサポーターをやると決めたいつからか、周囲に対する自覚が生まれ始めていた。

2006年開幕へ向け、俺たちだけじゃなくフロントが大きく変革を告げようとしていた。
それまで未知だったファジアーノという存在を、岡山の街が少しずつ知っていった。

2005年は岡山市内で公式戦を戦ったことが無かったが、2006年の開幕は桃スタ!今で言うカンスタ。その頃の様子は、たーぼさんのブログを見て貰えば分かると思う。今とは比ぶべくもないが、携わる全ての人がありったけの情熱を注いでいた。

初の桃スタ!

今で言えば当たり前となってしまっているが、夢だった桃スタ!何人来てくれるかは分からないが、桃スタって事だけで震えが止まらなかった。そう、あの日が無ければ今は無い。だからその瞬間を全力で生きる!今となんちゃ変わってない。朝、早くからフロント、ボランティアスタッフの方々、そしてサポーターで集まり、各々が準備へと取り掛かった。そして夢の時間へと刻は迫り、キックオフの笛が鳴らされた…。

2006年、ホーム開幕戦。レノファ山口に勝利し、次節セントラル中国戦(現デッツオーラ島根)へと弾みをつけた!同時に奉還町商店街でイベントを行って頂いた。今も昔もそう。スタートは奉還町商店街。

さあ行こう!
アウェイ島根に!

意気揚々と数台の車に別れて現場を目指すROSA一行。ところが横断幕を積んだ車輌が高速上でガス欠になり、キックオフぎりぎりまで横断幕が届かないという事件が発生。この時から、「あもった」という言葉が生まれた(笑)

選手はピッチで、俺たちはスタンドで戦ったセントラル中国戦。結果は大敗…。試合後、遠くを見つめながら熊本での敗戦が脳裏をよぎった。たとえどんな事があろうとも、俺たちは見捨てたり見放したりはしない。

ROSA段幕に書かれている文字の意味を深く胸に刻み込み、選手と共に戦う日は続いて行った。

コメントは受け付けていません。