2012年3月21日

CURVA ROSA(3)

初のアウェイ戦。
今と同じように皆で車に乗り込み敵地へと向かう。道中の実にくだらない話と、遥か遠くに見えているJリーグへの憧れ…。

TVを見ればJリーグ、セリエA、リーガエスパニョーラなど、一流の選手が華やかな試合をやっている。だが、それは画面の中の話。俺たちが求めいてるのはスタジアムという「現場」で「トモニタタカウ」という事。

今までとの大きな大きなギャップが、急加速をはじめる…。

高校の敷地内のグランドで試合をした時は、俺たちがバモってる(声出し応援している)前や後ろを人が通り、その度に挨拶をしてくれるのでこちらも挨拶を返す、という事態になった。実に礼儀正しい姿勢でありながら、心の中では(いま必死でバモってますから!)と、もどかしい思いがひしめき合う最強のアウェイ戦だった。

ゴール裏が民家で試合中に洗濯物を干している、なんて事もあった。とにかく、立派なスタジアムでは起こり得ない出来事を正面から受け止める強さをいつの間にか身につけていた(笑)

 

時を同じくして、足りないものだらけのなか、昼は働き、夜になれば薄暗く硬いグランドで練習をし、日曜日になれば岡山の誇りを背負い戦う彼ら(選手)に、自然と恋をしていった。コイツらと一緒にJに行きたい!当時のサポーターは、皆そう思っていたに違いない。

天皇杯県予選では三菱自動車水島FCと対戦した。真夏の昼間の試合だった。一つ上のカテゴリーで戦う三菱水島にはどうしても負けたくなかった!三菱水島のサポーターとは敵対関係とかではなく、今でも良き友であり、良きライバルであるが、この日ばかりは違った。

だが、結果は惨敗だった。
悔しさの中、会場を後にしたのを、今も忘れはしない。

時は流れ、暮れが近付く頃、チームは熊本で行われた地域リーグ決勝大会の予選ラウンドへと駒を進めた。対戦相手はロッソ熊本。今のロアッソ熊本である。大津を埋め尽くす多くの熊本サポーターは3,000人。こちらは10人程度…。サポーターとして声や横断幕、旗など何から何まで劣ってはいたが、気持ちで勝負!先制点は11番・石川哲平。藤井一昌からの低い弾道のクロスを合わせた1点だった!一進一退の攻防が続くも、最後には力負けの結果だったと思う。この熊本での敗戦が、俺たちサポーターに火をつけたに違いない。続くグルージャ盛岡戦。幸先よく先制するも1人退場での苦しい展開…。選手は本当によく戦ったと思うが、1-2での敗戦。そしてこの年が終った。

試合後、ピッチに座り込み、肩を落とす福森慎太郎の姿が印象的だった。

「もう1度、俺たちと一緒に戦おう!」
こうしてCURVA ROSA1年目のシーズンは終った。
だが、この瞬間から2年目に向けた戦いは始まっていた!

岡山に帰ると、翌週から地域決勝大会が桃スタ(現カンスタ)で行われていた。この頃はまだ、桃スタが完全なるホームでは無かった。と言うよりも、中国リーグ1年目では、岡山市内で公式戦をやった記憶が無い。俺たちの桃スタで、どこかの街の誰かのチームが試合をするという事に大きな違和感を感じつつも、自然と桃スタに集まり、「悔しさ」とか「憧れ」とか、様々な感情の中、遠目に試合を観戦していた…。

この時の悔しさを、2年目となる中国リーグへと生かさねばならない。
12月の冷たい風に吹かれながら、帰路についた…。

コメントは受け付けていません。