2012年3月2日

リーダーからのメッセージ

あと二つほど目を閉じると、そこには皆が待っていた開幕戦が訪れる事となる。

昨年の最終戦から、この開幕戦までが長かったような…。短かったような…。
様々な思いの中、時は刻まれ、また一つ歴史となる。

開幕戦の相手はカターレ富山。
JFLからJ2へ、一緒に昇格した相手だ。

試合中はライバルであり敵ではあるが、試合外では同期昇格の縁もあり、時には笑い合い、貶し合い、熱い話もし、Jリーグ各クラブの中でもお互いを切磋琢磨し合える、フットボールと地元を愛する素晴らしい仲間である。

思えばJFL最終戦でアウェイ富山で昇格を決めた訳だが、試合後に富山サポーターから「おめでとう!」と言う声が聞こえてきた。

 

不思議な感覚、素直に嬉しい感覚だった。

 

そしてJの舞台では、富山サポーターの提案から「俺たちと共にJリーグを行こう!」と言う共通のチャントも歌っている。

敵でありながら、この温かい空気、緊張感の無い空気はなんだ!

とかく言われがちではあるが、愛するチームや地元は違えど、素晴らしい仲間だという事をご理解頂たい。

開幕当日の天候も気になるが、そんなの吹き飛ばす勢いで皆で戦おう!
俺たちが声を出したり跳びはねたりしたトコで、ボールは1ミリも動きはしない。
だが声を出し跳びはね、選手があと1歩という時には背中を押せると思う。

一人一人の力は小さいかもしれない。

だから皆の力が必要なんだ!

これからまた、旅が始まる。

不安もあれば期待もある。

そこを多くの仲間で乗り越えて行けたらと強く思う。

俺たちは声で勝負だ!
心重ねあい戦おう!

開幕まで、沸々と燃え上がる魂の中、選手を信じ、仲間を信じ、皆でやって行き笑顔で旅を始めよう!

 

岡本透

 

コメントは受け付けていません。